幹細胞治療は美容や健康に最適

再生医療の幹細胞治療とは

人間は細胞の集まりでできていますが、血液細胞は血液を作るなど特定の役割を持っています。
幹細胞は同じ細胞ですが、細胞を分裂させることで自分のコピーを作り、違う細胞にも生まれ変われるというのが特徴です。
怪我をした時にかさぶたができて勝手に傷が治るのは、この幹細胞が働いていることがわかっています。
人間は年齢とともに老化し、再生能力も下がっていくのが通常です。
幹細胞治療は、自分の持っている幹細胞を体内から取り出し、培養して治療したい部分に移植をします。
シワや肌の衰えなども幹細胞治療を行うことで若返りが可能です。
幹細胞治療は、すり減った関節の治療や豊胸手術、アンチエイジングの分野で幅広い治療が行われています。
新しい細胞に生まれ変わるという性質から、失ってしまった骨やバストを再生する治療も多いです。
さらに美容に関する治療では臨床データが多く集まっており安全で効果を実感できる治療を受けることができるでしょう。

幹細胞を使った美容治療とは

幹細胞を使った治療は美容分野で導入が進んでいます。
年齢を重ねて気になってくるシワやたるみに培養した幹細胞を注入して移植する治療は、老化現象が起こる前の肌に戻れると人気です。
老化により細胞がダメージを受けていても、幹細胞を移植することで細胞自体が活性化して、コラーゲンやエラスチンを作り出します。
ヒアルロン酸などを注入する方法もありますが、ヒアルロン酸はすぐに体内に吸収されてしまうため根本的な解決策にはならないのです。
幹細胞を注入することで、ほうれい線などの老化現状だけでなく肌質の改善など肌そのものの悩みを解決できます。
必要な幹細胞の数はごくわずかで、培養により数千倍の幹細胞を得られるのもメリットです。
幹細胞の抽出は、ごくわずかな皮膚を採取したり、太ももやお腹にある脂肪から採取して行います。
美容整形のように、治療していることが人にばれてしまうことはなく、安心して治療を受けられるでしょう。

まとめ

幹細胞を使った治療は、失った体の一部を取り戻すものからアンチエイジングまで幅広い分野で行われています。
特に美容分野では、根本的な改善が難しいシワや肌質の改善などが幹細胞を移植することで可能です。
幹細胞は培養を行うことで数千倍にも増え、移植した時に活性化し、若い時のような肌に戻ることができます。
より健康で生活をしたい人の治療だけでなく、一時的な美容治療で満足ができない人や若返りたい人に向いている治療方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。